記事一覧

4トラックだしね

★『The Beatles - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Remix 2LP)』どうせなら、『Fresh Cream』同様BOX音源全てLP化すれば良かったのに。まだ聴き込めていないが、Remixに関しては「Getting Better」「Good Morning Good Morning」が印象的。...

続きを読む

祈、モニターカメラ映像のソフト化

★『George Harrison - Live In Japan(12inch Analog)』一度もアナログ盤での再発が無く、オリジナル盤はかなりの高額で取引されていたようだ。今回、ほぼオリジナル盤を踏襲した再発が成されたことを素直に喜びたい。...

続きを読む

アナログ盤のBOX化進行中

★『Fresh Cream - Cream(6LP Edition)』先に出たデジタル版の3CD分を6LP化したものが、先月末到着した。徐々に、ボーナストラック部分も纏めてアナログ盤化する商品が増えつつあるなと。...

続きを読む

まだ出てくるんだ

★『The Doors - The Doors 50th Anniversary Edition(3CD+LP)』40周年の時はリミックスだったが、今回はMono音源の初CD化等を持ってきた。付属のアナログ盤も、Mono音源を使用。以前出た、Mono再発LP盤の評判がイマイチだったのは今回改善されているのか。...

続きを読む

リミックス三昧

★『The Who - My Generation(12inch 2LP Online Exclusive)』昨年発売された、5CD BOXからのステレオ音源をアナログ盤化したもの。Mono盤同様、一部収録漏れがあるのでご注意を。JDさんの情報によると、安価で購入できるようだ。「Online Exclusive」にまんまと釣られてしまった。...

続きを読む

バブル期思い出した

★『Tango In The Night - Fleetwood Mac(3CD+DVD+LP)』予定通りなのか、『Mirage』に続いてのデラックス版再発。今回5.1ch音源は無しだが、PVと12インチVer.が個人的には嬉しい。アナログ盤の紹介を以下に。...

続きを読む

カリフォルニアから3週間

★『George Harrison - All Things Must Pass(12inch 3LP)』一応限定盤の予定らしいが、リンクしたオフィシャルには「Item will be back in stock within 1-2 weeks」の文字が。本作と『Live In Japan』は、ファンなら手に入れておきたいところではないかと。...

続きを読む

Mono & Stereoでの単独リリースにしてほしかった

★『The Who - My Generation(12inch 3LP)』例の如く、Amazonが突然発売日を2/24(US発売日)に変更したため米盤が届くのかと思ったが、手にしたのはEU盤だった。現時点で、US盤の存在は確認出来ない。昨年11月にリリースされたCD5枚組BOXから、Mono音源とピートのデモをアナログ盤化。BOXから収録漏れした楽曲については、公式サイトで確認を。未発表音源がほとんどだし貴重なテイクなので、マニアはCDも手に入れた方が無難かも。...

続きを読む

またもやクレーム?

★『Metallica - Hardwired...To Self-Destruct – Vinyl』前作『Death Magnetic』は、原点回帰路線というか速くて力強い楽曲が多くて緊張感が無駄に高かったが、今作はそれに比べてある意味緩い雰囲気が感じられる。これを聴き易いと捉えるか、退屈だと思うかで評価も随分変わってくるだろう。ミッドテンポの楽曲が多いのは、個人的にそれほどマイナスには感じないが、少し展開が単調すぎるような気もする。...

続きを読む

Abbey RoadのDMM

★『Rush - 2112 40th Anniversary 3LP Vinyl』Rushのアルバム群は、2011年に全てリマスタリングされて(ハイレゾ含)再発された。そのときは音圧増しの傾向が強く、個人的にはちょっとやりすぎな感じがしていた。『2112』については、2012年にBlu-Ray Audioで5.1ch音源を含む形で個別にも再発されたが、その時も同傾向の音質だった。今回の音源は、2015年に新規リマスターされたハイレゾ音源を使用。2012年版よりも音圧控えめながら...

続きを読む

やっぱり癒された

★『Rumer - This Girl's In Love(12 inch analog)』今度は、Hal David & Burt Bacharachの黄金コンビによる楽曲のカバー作。写真は、CD版ジャケット写。なんでもBacharach本人が彼女を気に入っていたようで、自宅に招待したこともあったそうな。彼女の歌唱は、どちらかというと力量よりも雰囲気重視だと個人的には思っていて、その辺りは夫であるプロデューサーRob Shirakbariが上手く彼女の特性を生かしたアレンジで応えている。...

続きを読む

2017年

新年明けましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い致します。今年は酉年ということで、このアルバム・ジャケットを選んでみました。...

続きを読む

グレッグ・レイクまで

★『Welcome Back, My Friends, To The Show That Never Ends(12inch analog 3LP)』このライブ・アルバム、元の音源がFMなのは有名な話。その音質や雑な装丁等により、昔から評価も芳しくない。しかし、『展覧会の絵』を除く当時のアルバム群から選曲されていてベスト盤的要素もある。また、パフォーマンスの観点からも、当時のバンドとしての勢いをそのままパッケージングした雰囲気が個人的に気に入っている。...

続きを読む

2極化

★『Tales of Mystery 40th Anniversary Box set and Blu-ray』この作品に続く『I ROBOT』や『The Turn of a Friendly Card』はCD2枚組での再発だったが、今作は新規5.1chミックス音源や45回転2枚組LPも含んだ豪華な内容。このアルバムの評価が、Alan Parsons Project内で改めて高いんだなと思わされる再発。ここでは、新たにハーフスピードカッティングされた45回転盤LPを紹介する。...

続きを読む

US盤は来年発売だって

★『Queen - Greatest Hits Ⅱ(12inch analog 2LP)』'91年に出たベスト盤の続編。CDがオリジナルになるのかな?アナログ盤は元々2枚組だったので、それを踏襲した再発になるかと。元マスターがデジタル音源の楽曲が多いため、アナログ盤としての出来が気になるところ。...

続きを読む

2枚にするなら45回転にしてくれ

★『Queen - Greatest Hits(12inch analog 2LP)』オリジナル・アルバム群はBOX等でアナログ再発盤が発売されているが、ここにきてベスト盤関連もカタログに追加された。オリジナルのアナログ盤は1枚ものだったが、リイシューにあたり2枚に分けて高音質化を図ったようだ。...

続きを読む

Sabbath入門編

★『Black Sabbath - The Ultimate Collection(12inch 4LP)』オジー・オズボーン(Vo)期に焦点を当てた新規編集盤。購入したのはEU盤だが、来年2月にはUS盤も出るようだ。パッケージが特殊で、展開させると十字架の形になる「CRUCIFOLD」と命名されたもの。曲順が時系列に並んでおらず、編集側の拘りも少し垣間見える。...

続きを読む

渋いねぇ~

★『Norah Jones - Day Breaks(12inch analog)』彼女のファースト・アルバム『Come Away With Me』以来の、Jazzに回帰した作品という触れ込み。個人的には、よりコンテンポラリーで渋さが際立つ仕上がりに感じる。大物ミュージシャンとの共演も楽曲により深みを与えていて、そこから彼女のいい意味での緊張感が伝わってくる、非常に聴き応えのある1枚になっていると思う。...

続きを読む

定番化しつつある

★『Fleetwood Mac - Mirage(3CD+DVD+LP)』『噂』~『タスク』に続く箱モノの登場。仕様その他もほぼ同じで、シリーズとしての統一感も踏襲されている。例によって、ここでは付属のアナログ盤のみ紹介していく。...

続きを読む

ジャケットは地味なんだけど

★『The Hollies - Butterfly Limited Vinyl 2LP Set + Download』先に出た『Evolution』に遅れること約1ヵ月、無事に発売されて一安心。サイケデリックな雰囲気でありながらも、英国的なストイックさ漂う美しいメロディが心地好い。アレンジもより拡がりがもたらされ、バンドサウンドを時に超える場面も。...

続きを読む

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック