記事一覧

アナログ録音はどこか違う

paulrodgers.jpg
★『Paul Rodgers-The Royal Sessions(12inch analog)


------------------------------
R0010578.jpg
ジャケ表(CD版とは別デザイン)

R0010580.jpg
ジャケ裏

R0010581.jpg
インサート表(クレジット等)
Mastered by Ryan Smith at Stering Sound,NY

R0010582.jpg
インサート見開き(ポールのライナー)

R0010587.jpg
インサート裏(Bob Mehrのライナー&バンド・メンバー紹介)

R0010588.jpg
210g Vinyl&インナー・スリーブ(Quality Record Pressings)
レギュラー版CDから1曲(Born Under A Bad Sign)少ない仕様。音質のクオリティを考えての措置らしいが、片面20分超しないようにしたんだなと。盤質は、最高クラスの仕上がり。QRP個人的信頼度アップだな。

R0010590.jpg
レーベル面
A面マト:FTN 17972-A Stering RKS
B面マト:FTN 17972-B Stering RKS
カッティングもRyan Smith氏が担当なんだな。

R0010591.jpg
シュリンク・ステッカー
ALL ANALOGUE RECORDINGの文字が眩しい。ミキシング&マスタリングもアナログ。AAAだな(CDはAAD)。

R0010593.jpg
DLカード表

R0010594.jpg
DLカード裏
192kbpsのmp3ファイル。削られた「Born Under A Bad Sign」は、ここで手に入る。

------------------------------
昨年は、同じロイヤル・スタジオでBoz Scaggsもアルバムを製作。今回のポールも、ボズに負けない力作。特に、5曲収録されたオーティス・レディングのカバーはどれも素晴らしい。CDでは味わえない深い音像、そして衰えを知らない彼の声を、是非アナログ盤で♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック