記事一覧

何度も言うけど

8bitの差は大きいなと。Michael Jacksonの新譜(?)『XSCAPE』は、CDとともにハイレゾ版もリリースされています。この2つ、波形は区別が付かないくらい似ていますが、出てくるサウンドは結構違いがありました。


------------------------------
アルバムの内容は、他のブログや情報サイトを見ていただいたほうが有益だと思いますので、ここでは個人的に感じた音質の違いについて書いていきます。

CDは、ご存知のように16bit/44.1kHzで収録。これに対してハイレゾ版は、ワタシが確認したところ2種類存在します。1つは仏Qobuzサイトにある24bit/96kHz版。そしてHDtrackにある24bit/44.1kHz版

Qobuzには、特にマスタリングに関しての特記事項は見当たりませんが、HDtracksの方には、「Please Note: Album contains tracks in 44k/48k tracking with 96/24 overdubs. Mixed, mastered to 96/24.」との記述がありますね。何故Qobuzと同じく96kHz版にしなかったのか、ちょっと知りたいところではあります。

※Qobuz版のスペクトログラムを見ると、確かに48kHz付近まで収録されています。

細かい話はこのくらいにして、実際聴いて比較した感想等を。CDをベースにすると、明らかに中低域が充実しています。その結果、CD版でマイケルのヴォーカルが少し強調されたバランスに仕上がっているのも分かりました。マイケルの声を存分に楽しみたい方にはCDの方が良いかなと思いますが、8bit増えたことによる全体のバランスが整った存在感のある音質は、ハイレゾ版でしか味わえないかなと。個人的に何度も言ってきたように、ハイレゾ版の優位性は高域ではなく、明らかに人間の可聴域である部分にあるという思いを、今回も確かに感じてしまいました。

サンプリング周波数の違いに関しては、個人的にあまり気になる要素ではないかなと感じています。それよりも、BeatlesのUSB BOXとCD BOXの比較同様、16bitと24bitの間にある8bitの差が、より大きなものではないかなと。

------------------------------
Zeppの約20年ぶりとなる、本格的リマスタリング盤発売が近づいてきました。『Mothership』のような、単に音圧を上げただけの携帯端末仕様の音調整にがっかりした身としては、今回のアナログマスターからしっかりリマスタリングした音にどうしても期待してしまいます。今回は、オリジナル・アルバム初となるハイレゾ版もラインナップされているようで、しっかりと8bit分充実したサウンドに仕上がっていることを、個人的には心待ちにしています。

コメント

どうぷ様 こんばんは

自分は聴き比べていませんが、今回のアルバム、マイケルの声は確かに大きかったです。ニーズもそこにあると思うので、あれでいいんじゃないか、と感じました。

ツェッペリンは随分引っ張られたので、楽しみですね!

Re: タイトルなし

★GAOHEWGIIさん★
コメントありがとうございます。

> 自分は聴き比べていませんが、今回のアルバム、マイケルの声は確かに大きかったです。ニーズもそこにあると思うので、あれでいいんじゃないか、と感じました。

マイケルのヴォーカル(声)が、個人的な想像を超えて良かったのには、良い意味で驚かされました。ワタシも、そこに是非じっくりと耳を傾けて欲しいです。

> ツェッペリンは随分引っ張られたので、楽しみですね!

ペイジ本人が、「アナログ盤も徹底的に音質に拘った」と発言しているので、アナログ盤を聴くのが本当に楽しみです。

おひさしぶりです

Qobuz版とアナログ2種(US盤1LPとチェコプレス2LPカラービニール)を聴きましたが個人的にはQobuz版が好みかな。

Zeppは本編リマスターよりコンパニオン・オーディオを聴く方が楽しかったりしてます。

Re: タイトルなし

★soundbeatさん★
コメントありがとうございます。

> おひさしぶりです

ほぼ1年振りでしょうか?

> Qobuz版とアナログ2種(US盤1LPとチェコプレス2LPカラービニール)を聴きましたが個人的にはQobuz版が好みかな。

カラービニールの存在は知りませんでした。ちょっと欲しいかも。

アナログ盤自体まだ聴けてませんが、内容そのものは個人的予想を超えて非常に満足です。勢いのあった年代のテイクが中心なのも、あのころのマイケルに少しでも心奪われていたワタシには嬉しかったですね。

> Zeppは本編リマスターよりコンパニオン・オーディオを聴く方が楽しかったりしてます。

ブート排除主義なワタシにとっても、コンパニオン音源は楽しみの方が大きいですね。

Zeppは、ハイレゾ3種(DX)と1stのアナログ(DX)は入手済みです。何故か2と3のDXアナログ盤が延期を繰り返してるので、それが手元に来たら順次紹介予定です。その際は、また宜しくお願いします♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック