記事一覧

ジャケ買いかもしれない

pnbnj.jpg
★『No Fools, No Fun - Puss N Boots(12inch analog)


------------------------------
R0010750.jpg
ジャケ表
「Puss N Boots」の由来は、女の子とカントリー・ミュージックを連想させるブーツ(Puss and Boots)と、童話「長靴をはいた猫」(Puss in Boots)をかけてつけられたものらしい。

R0010751.jpg
ジャケ見開き
ノラの表情が良い感じ。

R0010752.jpg
ジャケ裏
曲目及びクレジット関連。
Mastered by Greg Calbi at Sterling Sound,NYC

R0010753.jpg
インナースリーブ(保護ビニール付)

R0010754.jpg
レーベル面
実測:200g
Side Aマト:B0020805-01A
RJ STERLING P.USA-32320-
Side Bマト:B0020805-01B
RJ STERLING P.USA-32320-

RJの刻印から、カッティングはRay Janosが担当。200gの重量盤らしい安定したサウンド。

R0010755.jpg
シュリンク・ステッカー1

R0010756.jpg
シュリンク・ステッカー2

------------------------------
ノラ・ジョーンズのサイド・プロジェクトで、デビュー・アルバム。活動は2008年頃からだそうだが、個人的には全くのノーマーク。ライブ音源も交えたオリジナルとカバー曲で構成されたラインナップは、意外にも違和感無くそれぞれがシームレスで繋がっていく。ニール・ヤングのカバー「Down By The River (Live From The Bell House, Brooklyn, NY)」や、Wilcoの「Jesus, Etc.」は、個人的に聴き応えがあった。概ねカントリー・ミュージックの範疇で語られる作品だと思うが、女性アーティスト作品らしからぬ非常に渋い出来で、カントリーというだけで拒絶するにはもったいないアルバムではないかと。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック