FC2ブログ

記事一覧

ジャケ写はお馴染み?!

xtcdaw.jpg
★『XTC - Drums And Wires (cd/blu-ray)
昨年の『XTC - Nonsuch (cd/blu-ray)』に続き、約1年振りのThe Surround Sound Seriesになります。今回も、Blu-Rayには様々な音源が満載で、長い間たっぷりと楽しめそうです。


------------------------------
Blu-Ray収録音源(メーカーリンク先も合わせて参照願います)
音声フォーマット:LPCM(24bit/96kHz)
1.2014 Stereo Mixes+Additional 2014 Mixes(23トラック)
2.2014 Instrumental Mixes(19トラック)
3.Original Master+Original Album Extra Tracks(16トラック)※
※LPCM(24bit/192kHz)収録
4.DJM Stereo Mixes(3トラック)
5.Saucy Plate Session(6トラック)
6.Swindon Town Hall 1(4トラック)
7.Swindon Town Hall 2(4トラック)
8.Toots Garage(4トラック)
9.Tudor Barn Album Rehearsal(20トラック)
10.Videos(2トラック)
11.2014 5.1 Mixes+Additional 2014 5.1 Mixes(23トラック)★
★LPCM&DTS-HD MA(24bit/96kHz)
------------------------------
収録容量は34ギガ、大盤振る舞いですね。聴きたい音源をメニューから捜す手間はありますが、CDのようにとっかえひっかえ入れ替えることがないのは、個人的には嬉しいです。リミックスは、今回もお馴染みSteven Wilson氏が担当。アルバム・タイトルに触発されたかのような、ギターとドラムのサウンドが鮮烈に響くミックスに仕上げています。サラウンドも同傾向ですが、さらに切れ味が増したようで、リアに振られたサウンドも明瞭に響きます。

付属のブックレットは、今回も充実の内容です。Andy Partridgeの序文に始まり、アルバム・タイトルとアート・ワークについてや、Colin Moulding&Dave Gregoryのライナー、そしてメンバーからの楽曲解説まで収録しています。

次回のThe Surround Sound Seriesは、『Oranges & Lemons』が予定されているとのこと。個人的にも好きなアルバムなので、また1年後(?)が楽しみになってきました♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック