FC2ブログ

記事一覧

高音質低品質?!

who50.jpg
★『The Who Hits 50 [12 inch Analog]


------------------------------
R0010808.jpg
ジャケ表

R0010810.jpg
ジャケ裏

R0010809.jpg
ジャケ見開き

R0010811.jpg
Disc1インナースリーブ表

R0010812.jpg
Disc1インナースリーブ裏

R0010813.jpg
Disc2インナースリーブ表

R0010814.jpg
Disc2インナースリーブ裏

R0010816.jpg
シュリンク・ステッカー

R0010815.jpg
Disc1レーベル面(Disc2→白部分が若干クリーム色)

DISC1:実測180g
SIDE ONEランオフ→126040E1/B 3794051-A
SIDE TWOランオフ→126040E2/A 3794051-B

DISC2:実測195g
SIDE THREEランオフ→126040E3/A 3794051-C
SIDE FOURランオフ→126040E4/A 3794051-D

SIDE ONE & THREE:www.gzvinyl.com
ユニバではおなじみのチェコにあるプレス会社で製造

4面全てに”ABBEY ROAD 1/2 SPEED.MILES.”の刻印
ワタシがこのLPを購入した最大の理由。情報通り、ハーフ・スピード・カッティングの使い手Miles Showellがカッティングを担当。今度出るRoxy MusicやGenesisのLP BOXも、彼がアビー・ロード・スタジオでハーフ・スピード・カッティングしている。

------------------------------
マスタリングは、Jon Astleyが担当。故に、24bit/96kHzデジタル・リマスター音源が元データだろうと推測。デジタル・マスターらしいスッキリ感はそのままに、結構低域も充実してる印象。なかなかの高音質。定位感もキッチリしていて、ステレオ感(レンジの広さ)も良好で、この辺りはハーフ・スピード・カッティングの恩恵鴨?!

ただせっかく高音質に仕上がっているにも関わらず、私の購入した個体は盤質そのものがよろしくなかった。前からGZVINYLの盤に関しては、帯電するなと思っていた。今回は、それに輪をかけてホコリ等も盛大に付着。盤面に擦れやキズもいくつか散見。フラッシュ・ディスク・ランチの洗浄液がこんなに活躍したことはかつてなかった位、何度も磨いてやっとプチパチ言わなくなった(泣笑)。

幸い、致命的な再生上の欠陥は無かった。しかし、リンク先のamazonでは調査中の商品扱いになっている。ワタシと同じような品質の盤が多数出回っているのだろうか。
※4/4追記:通常販売に戻っている。
Quality Record Pressings盤も出ているし、こちらの方がプレス品質的には良さそうな印象。ただ、同じカッティング・マスターかどうかは、ワタシは残念ながら情報を持っていない。Acoustic Soundsのサイトに特に記載は無いので、たぶん一緒だと推測するが…。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック