FC2ブログ

記事一覧

まさかのParlophone

imtbos.jpg
★『Iron Maiden - The Book of Souls [12 inch Analog 3LP]


------------------------------
R0010972.jpg
ジャケット表

R0010973.jpg
見開き

R0010974.jpg
更に右に見開き

R0010975.jpg
ジャケ裏
バーコード右には、Parlophoneのロゴが印刷されている。

R0010976.jpg
インナースリーブ(Vinyl One Side 1)

R0010977.jpg
インナースリーブ(Vinyl One Side 2)

R0010978.jpg
インナースリーブ(Vinyl Two Side 1)

R0010979.jpg
インナースリーブ(Vinyl Two Side 2)

R0010980.jpg
インナースリーブ(Vinyl Three Side 1)

R0010981.jpg
インナースリーブ(Vinyl Three Side 2)
右下はシュリンクステッカー
※ジャケ/インナースリーブ全てコーティング有

Mastered by Ade Emsley at Table Of Tone Mastering
Additional vinyl mastering by Chris Bellman at Bernie Grundman
Manufactured By Optimal Media

R0010982.jpg
レーベル面(Vinyl One Side 1)
盤重量:195g
Side 1マト:BF95098-01 A1/0825646089208-A CB
Side 2マト:BF95098-01 B1/0825646089208-B CB
※CB=Chris Bellman

R0010988.jpg
レーベル面(Vinyl Two Side 1)
盤重量:185g
Side 1マト:BF95098-02 C1/0825646089208-C CB
Side 2マト:BF95098-02 D1/0825646089208-D CB

R0010989.jpg
レーベル面(Vinyl Three Side 1)
盤重量:200g
Side 1マト:BF95098-03 E1/0825646089208-E CB

R0010990.jpg
レーベル面(Vinyl Three Side 2)
Side 2マト:BF95098-03 F1/0825646089208-F CB

------------------------------
CDでは、バンド初の2枚組。LP盤は、さらに3枚組と豪華な仕様。トータル90分を超える大作に仕上がっている。3枚組にしたこと、およびアナログ盤専用のマスタリングが施されて、ハイレゾの若干コンプが掛かった音質よりも自然な音圧を感じる。低域もアナログ盤が一番豊かに響くが、ハイレゾのクッキリ感も捨てがたい。

低音と言えば、今回ミキシングでSteve Harrisは、「Maiden Audio Ed-PhOn5s」なるヘッドフォンを使った。これは、Onkyoとの共同開発で発売されるオリジナル商品で、音質調整もこのアルバムと共に行ったらしい。特に低域再生の迫力を重視したチューニングを目指したということなので、個人的には登場が待ち遠しい。

------------------------------
Paul McCartneyのアーカイブ・シリーズ『Tug Of War』BOXの発送通知が来た。当時このアルバムは、アナログ録音されたテープをデジタル・ミキシングして発売された。技術的な限界で16bitでしかミックスできなかったものが、現在の技術24bit領域でどのように変化したのか楽しみだ。

リミックスといえば、Beatles1が気になるところ。映像のレストア具合は勿論のこと、新たに作成された5.1ch音源が個人的には非常に楽しみ。オリジナル・アルバムのマルチチャンネル化への布石になるか、『Anthology』におけるマルチ音源との比較も含めて興味は尽きない。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック