FC2ブログ

記事一覧

決定版となるか?!

righteous.jpg
★『The Collection Of Their Golden Years

話題のスペクターBOX『The Philles Album Collection』には収録されなかったThe Righteous Brothersのフィレス3作品。それらをCD2枚に詰め込んだタイトルが、'96年に日本独自企画として発売されていました(ステレオ音源)。個人的に大好きなデュオでもあり、画期的な企画だと大喜びした記憶があります。しかし残念ながら日本に保管されているマスターの質が悪かったのか、音質は良くありませんでした。特に右チャンネルにノイズが絡みまくりです。そんな中、3月28日にこの3作品が紙ジャケ+モノ&ステレオ完全収録で再発されるニュースが飛び込んできました。

紙ジャケ自体は正直どうでもいいんですが、モノ音源収録にはかなり期待です。声質が好対照な2人のハーモニーは、やはりモノとして浴びてみたいです。デジタル・リマスタリングの技術も更に向上しているので、ステレオ音源のノイズも最小限にとどめてもらいたいなと。

彼らの再ブレイクのきっかけは、やはり映画『Ghost(ゴースト/ニューヨークの幻)』に使われた「Unchained Melody(アンチェインド・メロディ)」でしょうか。甲高い声が持ち味のボビー・ハットフィールドがヴォーカルを担当しています。ワタシは未だにこの映画は未見ですが(苦笑)、女性達には当時絶大な支持を得ていた記憶があります。どんなシーンに使われているんでしょうか?!

ワタシは「You've Lost That Lovin' Feelin'(ふられた気持ち)」の方が好きですね。もう一人のビル・メドレーがリードを務める、こちらもドラマティックな作品です。ホール&オーツや、ジミー・ペイジが在籍していたThe Firmもカバーしていましたね。特にThe Firmのヴァージョンにおけるポール・ロジャースのヴォーカルは、本家ビル・メドレーの低音を生かした迫力満点の歌唱に負けない雰囲気を出していて、さすがロック界屈指の声の持ち主だと思いました。

これでほぼフィレスのオリジナル・アルバム群は、リイシュー完了のようです。個人的には'90年頃に発売されたスペクターBOX『Back To Mono』を所有していないので、なんとか手に入れたいと考えています。またSony/Legacyレーベルには、再発という形での復活もお願いしたいところです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック