FC2ブログ

記事一覧

再発見?!

biv1.jpg
最近何度目かのブリティッシュ・ビート/R&B/R&Rものが、マイ・ブームになっています。きっかけは、CD棚を整理しててこのシリーズを見かけたからです。こういったコンピ盤のある意味最高峰に位置する存在を、未だに保っている名編集盤です。
--------------------------------------------------------

60年代のイギリス周辺は、ビートルズを始めいくつかのバンド以外は詳しくなかったワタシに、それ以外のバンドも素晴らしい音源を残してくれてるんだという事をこのシリーズは教えてくれました。全部で9枚、総曲数180曲、全てが重要でこれからこの分野を聴いていこうとしている方にも自信を持っておススメできますね。1~4までは主にEMI/Capitol系主導、5~9まではPolygram(現Universal)系がメインになっています。

ワタシがこれらを手にしたのは、確か90年代前半だったと記憶しています。副読本的な書籍も結構出ていて、それらを眺めながら音を聴いて、気に入った単独アーティストのオリジナル・アルバム等をCDで集めてました。特にThe Hollies,Manfred mann,The Zombiesの3バンドには、かなり夢中にさせられましたね(笑)。また、所謂1発屋的な音源もしっかり収録されていますので、オリジナル・アナログ盤に拘らなければ、かなりお得であることは間違いないです。

当時は、MSIが日本盤を配給していて、そこで読めるライナーも流石Rhinoという興味深いものでしたが、とっくに廃盤なのが残念です。輸入盤はそれに較べたら入手はいくらか容易だとは思いますが、ココはワーナー・ミュージック・ダイレクトさんに、更なるアップ・グレード版を期待したいところです。もし間違って実現でもしたら、ワタシ絶対買います!

このシリーズをリリースしたRhinoレコードは、当時まだ独立企業で、様々な分野の音源を独自の調査方法で纏め上げ、どんどん市場に投入していました。家にあるその他の様々なRhino印な編集盤を見るにつけ、本当にいい時代だったんだなと。次は目に入った『これ』とか聴いてみましょうかね♪

コメント

こんばんは!

先日は当ブログで不愉快なお気持ちにさせてしまって、スイマセンでした。
また機会があれば、コメントよろしくです♪

そして、ブリビートの編集盤!
ホリーズにマンフレッズ、ゾンビーズ・・・。
どのバンドも非常に分かりやすい、それも高品質のポップソングを作る天才集団ですよね。
いつかはLPで揃えたいところですが、それはまた夢の夢で(汗)。

Re: こんばんは!

★ryoさん★
コメントありがとうございます。

> 先日は当ブログで不愉快なお気持ちにさせてしまって、スイマセンでした。

ryoさんが謝ることではないですよ(笑)。
相変わらず楽しく拝見させてもらってます!

> いつかはLPで揃えたいところですが、それはまた夢の夢で(汗)。

昨年かな、HolliesはSundazedから当時のアメリカ盤がアナログで再発されたりしてますね。値段も手頃で音質も良いです。おまけにMono音源だし、オススメですよ。欧米ではアナログ盤再発が年々本格化してきているんで、British Beatものにも動きがあると良いんですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック