FC2ブログ

記事一覧

今週のニュー・リリース12-27

今年もあと1ヶ月、駆け足で残りのブツを紹介していきたいんですが間に合うかなw
-----------------------------------------------------------

15.jpg
キング・クリムゾン / 太陽と戦慄―リミテッド・エディション・ボックス・セット
まだ若干在庫あるみたいですが、しかし凄い内容ですね。ライブ音源9枚(日付順にDisc1~9)中4枚は既に手元にありましたし、残りの5枚も同じような内容だろうと判断し、ワタシは当初スルーのつもりでした。しかし輸入盤が11,000円くらいに値下がりしたので、結局そちらを買ってしまいました。意思の弱さは相変わらずです。

最初にミューアの動く映像を確認したんですが、まあ噂に違わず凄い人だったんだなと。彼の動きを見てると、30分のインプロなんかあっという間に終わってしまいますね。一見の価値ありだと思います。

Disc5の終わりにジョン・ウェットンへのインタビューが収録されてるんですが、日本人と思しき人がインタビューアじゃないかと。なにしろ冒頭からいきなり日本語聞えてきますからね。声の感じから今野雄二氏あたりではないかと想像するんですが、どうなんでしょう?!

アルバム音源は、今回もスティーブン・ウィルソン氏がリミックスを担当。先のELPでの仕事を遥かに上回る気合で、素晴らしいサラウンド音源を提供してくれています。Blu-RayにはDTS-HD Master Audio(lossless)とLPCMをそれぞれ24/96で収録。DVDにはMLP Lossless(24/96)とDTS(24/48)が収録されています。ちなみに、LPCMと比較してDTS-HDは4割、MLPでは5割くらいの圧縮率でしょうか。

Blu-RayにはオリジナルUK/US盤(Vinyl)からのデジタル変換音源が入ってますが、US盤はあまり状態が良くないです。両者ともそれなりにノイズは発生してますが、US盤は高域がところどころ飽和してる感じです。あくまでオマケ収録ですから期待はしてませんでしたが、探せばもうちょっとましな個体あったんじゃないかなと。また両者とも最後の話声は入ってません。ファースト・プレスじゃないのか、単にカットしただけなのか、どうでもいいことが気になりだすのも相変わらずです。

手に入れてから約44ギガ使って主要音源を詰め込んだBlu-Rayばかり聴いていますが、年末・年始は聴いたことのない5枚分のライブ音源にもきちんと手をつけていきたいです。あっ、DL特典の音源もあるんだよな。これはちょうどDisc8とDisc9の間に相当する日付のライブです。

MUSIC FROM ANOTHER DIMENSION
Music from Another Dimension
彼らの70年代全盛期を支えたプロデューサー、ジャック・ダグラスを迎えた11年ぶりのオリジナル・アルバム。DVDには、ジョニー・デップがエレキを抱えて一緒に演奏するライブなんかも収録されています。

しかしダグラス起用の弊害かどうかわかりませんが、彼等の「あの曲・あのフレーズ」に良く似た箇所が何度も現れてくるんです。もちろんエアロスミスの作品ですから当たり前なんでしょうけど、それにしてもねって言う感じの使い方。

バラードの多さも含めて、かなり内向きな作風に感じました。裏を返せば熱心なファンにとってはエアロ節が復活したとも取れる内容でしょうし、そういった意味では外向きとも言えるかな。どっちなんだよ、オレw

アナログ盤は赤で2枚組。おまけでCDが付くトレンド(?)仕様。是非ジャケットも思う存分堪能してください。

しかしスティーヴン、声衰えたな…。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック