FC2ブログ

記事一覧

Jethro Tull [Benefit - A Collector's Edition(2cd/1dvd)]

benefit.jpg
★『Jethro Tull [Benefit - A Collector's Edition(2cd/1dvd)]
『Aqualung』・『Thick As A Brick』と続いた、Jethro Tullのサラウンド・シリーズ。順番で行けば『Passion Play』なんでしょうが、実際発売されたのは『Benefit』でした。


--------------------
サラウンド音源は、『Thick As A Brick』同様DVD収録なので圧縮音源(DTS&Dolby Digital)のみ。Blu-Rayを採用すれば、サラウンド音源をロスレス収録できるし、CD2も同時に入れられてディスク枚数を減らせるのにね。ちょっと残念ですが、UK&US両方のオリジナル・ミックスを、フラット・トランスファーでハイレゾ収録している点は評価したいです。恐らく、両者の収録内容が微妙に違うところからそうなったんでしょうが、音質は結構違って聴こえますね。

UK版は、本当にフラットで誇張のない落ち着いたサウンド。ハッキリ言って地味な鳴り方ですが、スタジオ・モニターから出てたサウンドを印象付けるには十分な説得力です。US版は、それに較べて若干迫力があり、ヴォーカル等が前に出てきます。ここでも、US版は派手めの音質という"定説"(?!)は生きているようです。

リミックス&サラウンドは、個々の音が明瞭になって解像度も上がっていて、マルチ・トラックから作り直した感じがよくでていると思います。オリジナルとの違和感も、それほど感じられません。ただ、若干"オン"気味の仕上げが、個人的には気になってしまいます。まあ解像度重視だと、それも仕方ないかなと。

ブックレットには、メンバーの楽曲解説やSteven Wilsonの本作リイシューに対する取り組み等を収録。Stevenの解説は、『Thick As A Brick』では省略されていましたが、『Aqualung』に続き復活しました。本作は、8トラック録音。ちなみに、『Aqualung』から16トラックになったそうです。

次回は、大物ジャズ・ミュージシャンのリイシュー関連を取り上げる予定。

コメント

楽しそうですね。

どうぷ様
こんばんは

ジェスロタルのサラウンドですか。
楽しそうですね。
やっぱりフルートもより暴れまわって聴こえるのでしょうか?

Re: 楽しそうですね。

★GAOHEWGIIさん★
コメントありがとうございます。

> やっぱりフルートもより暴れまわって聴こえるのでしょうか?
残念ながら、暴れまわりはしませんねぇ~。
でも効果音のように、時々リア・スピーカーから聴こえる音に”ハッ”とする瞬間が、サラウンド音源の醍醐味でもありますね。

DVD-Audio初期のサラウンド音源では、これでもかと音が”回る”ものも見受けられましたが(ELPの『恐怖の頭脳改革』とか)、最近はそういう飛び道具的なものよりも、各スピーカーにきっちり役割を与えて、定位のハッキリした聞かせ方をするものが多くなってきたように思います。

おお!

順番が不思議ですが、結構マニアックなリイシューですね。僕はプラケで持ってますが、ちょっと聴いてみたくなりました。

Re: おお!

★ryoさん★
コメントありがとうございます。

Tullの拡大盤シリーズは、1st〜5thまで出てます。オリジナル・ミックスを聴き込んでいれば、リミックス音源は何かと発見も多いと思いますよ。
それぞれの作品によって、ボートラの数とか仕様の違いがあったりして、その辺りもかなりマニアックな再発ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どうぷ

Author:どうぷ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック